妊娠前に知っておきたい、赤ちゃんに関係する病気について

妊娠と出産・結核

結核の場合、赤ちゃんに結核が感染する、治療に使われる抗結核剤が赤ちゃんに影響を与える、などということはないと考えられています。結核の症状が、よほど悪いことのないかぎり、妊娠、出産を、ふだんの治療を受けながらできます。また、妊娠によって結核の症状が悪くなることもないとされています。妊娠中特に心掛けることは、安静と十分な栄養補給に注意することでしょう。 結核の人は肺活量の関係で、分娩のときのいきむ力が十分でません。いきむことができない場合、帝王切開が検討されます。また、開放性結核の場合は感染を防ぐため、出産後赤ちゃんを母親から隔離することもあります。 結核では、出産による体力の消耗と、授乳や育児による疲れが原因となり、病状が悪化することが少なくありません。出産後とくに安静にするようにしましょう。結核の場合、妊娠中よりもむしろ出産後が重要でしょう。出産してから少なくとも1年間は、専門医に定期的な診察を受けるようにしましょう。 —–

 

妊娠と出産・ぜんそく

遺伝的なもののほかに、家の中のホコリ、大気汚染、さらにはウイルスの関与など、ぜんそくの原因はさまざまです。妊娠すると、ぜんそく症状が軽くなる人もいれば、ぜんそくの発作がひどくなる人もおり、よるぜんそくへの影響は一定ではありません。 流産や早産が、ぜんそくの激しい発作によってひき起こされるのではと心配されますが、ぜんそくによる流産はまずありません。また、陣痛がきている分娩時には、体内のホルモンの影響からか案外発作が起きないため、ほとんどの人が無事に出産しています。 妊娠中に発作が起きても、一般的なぜんそくの治療を行うことができます。これは、ぜんそくの発作防止に投与される副腎皮質ホルモンは、胎児への影響はないと考えられているためです。もっとも、ぜんそくを悪化する原因はできるだけ遠ざけ、ふだんから風邪をひかないよう健康に注意しましょう。

あわせて読みたい:ウムリン効果なしという話は本当?